• TOP
  • >
  • 企業情報
  • >
  • トップメッセージ
トップメッセージ

アイグループは、お客様・お取引先様をはじめとする多くの皆様に支えられ、おかげさまで2014年11月に創業50周年を迎えました。半世紀の永きに亘るご支持・ご支援に心から感謝申し上げるとともに、信頼関係をさらに深めていけるよう、プロフェッショナルとして恥じない知識や技術の修得に精進してまいります。
 グループ各社の社名に冠された「アイ」という二文字は、「視える喜びをすべての人に」という事業コンセプトの下、「I love eye(私は眼を愛します)」というコピーを、創業期における眼鏡事業が用いたことに由来しています。「アイ」は、私=I(アイ)、愛(アイ)=love、そして眼=eye(アイ)の三つの意味を包含した一種の掛詞(かけことば)だったのです。

アイグループは、『真の豊かさを創る※』という企業理念を掲げ、次なる50年に向けて日々精進してまいります。しかし、パラダイムシフトを実感させる社会経済のダイナミックな変化は、甘くはない現実を突きつけてきます。  グループの事業領域である小売業・サービス業において100年企業となるためには、アイグループは、変わり続けるお客様のニーズを地道に探り続け、研鑽を重ねて自らウォンツやソリューションを提案し続けなければなりません。一過性の流行に眼を奪われることなく、変化するニーズの本質に迫る目とニーズに応える行動力を磨かねばならないのです。  100年企業に向けた王道があるとしたら、アイデンティティ(Identity=独自性)の確立が、その答えだと思えてなりません。独自性が独善ではなく、社会貢献に結びつくグループとしての貴重な個性(文化や風土)や能力から生み出されるとき、グループに働く社員・経営者の矜持(きょうじ)が、100年企業に向けての最大の原動力になるはずです。  I(アイ)dentity=独自性の「アイ」が、四つめの掛詞としてアイグループの中に浸透したとき、私たちのグループは一段の成長を遂げ、100年企業に一歩近づけると信じております。

※アイグループの企業理念である『真の豊かさを創る』とは、アイグループの最善の努力をもって、アイグループだからこそできる独創的な価値を創り、ステークホルダー ( お客様、従業員・経営者、お取引先様、地域・社会、株主様 ) が経済的・精神的・社会関係的・健康的に満ち足りて不足のない状態になれるように貢献することをいいます。 アイグループの独創的な価値とは、あらゆる経営資源をムリ・ムダ ・ ムラなく投入し、全てのものを真に活かして生み出される豊かさを指しています。全ての経営資源を真に活かすことも、ステークホルダーの異なる期待に同時に応えていくことも、とても困難なことです。しかし、その困難な「真の豊かさ」を創り出すことに挑戦し続けようという志が、この企業理念には込められています。

  • アイグループ
  • アイジャパン株式会社
  • アイコミュニケーション株式会社
  • アイウェルネス
プライバシーポリシー

Copyright© Aijapan co.,ltd. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー